顔が見えない販売者

こんばんは、クニオです。

3か月前から、

住んでいる賃貸マンションでリフォーム工事を行っているのですが、

ようやく今日足場が解体されほっとしています。

この3か月間、9時から5時まで永遠と壁を削ったり叩いたりの

工事が行われてきたのですが、私の睡眠時間と重なっていたことが

かなりのストレスでした。

ようやく安眠できるとなるとうれしい限りです。

 

さて、本題です。

私自身、多くのネットショップを利用し、

またAmazonを通じて販売を行っている訳ですが、

販売した先には必ず誰かがいるということを常に考えます。

 

私の本業もお客様あって商売なのですが、

違うなーと思うのは、「顔」が見えることです。

喜んでくれたにしろ、怒っているにしろ、相手の顔が見えるというのは

すごい大事です。

今、相手がどういう思いなのかを表情から推測することができるからです。

 

昔、こちらの手違いでお客様の忘れ物がなくなってしまったことがありました。

後日、お客様がお店に取りに来てないということが分かり、

かなり憤慨されてお店をあとにされました。

そのあと、お店の中をひっくり返して探しましたが、結局見つかりません。

その後、当時の上司とお客様に何度も会いに行き、許していただきました。

 

やはりベストは、直接会って謝罪をさせていただくことです。

電話ではなかなか相手の表情が見えませんし、

メールや手紙でもなかなか思いが伝わらない部分があります。

 

ちょっと話はそれましたが、

私たち販売側はお客様に対し、お金を出して買っていただいているという

意識を持ち続けねばならないのかなーと思います。

しかも、顔の見えない我々のような販売ルートであればなおさらですね。

 

もし商品に不備があったなどのクレームがあった場合は、

迅速に対応する必要があります。

自分が買った商品が壊れていた、連絡をしても返答がない。

これ、すごい不安になりますよね。

私もこういった類はすぐに対応するように心がけています。

 

物を買って、Amazonに送って、販売して、利益がでた!

こういうことをずっと繰り返していると、

「相手」の存在を忘れがちになってしまいます。

 

「心優しきものが繁盛店を作る」

この言葉は、私が本業で大事にしている言葉の1つです。

 

最近、子供の誕生日プレゼントをネットで買いました。

届いて開けた時の子供の表情が忘れられません。

様々な思いで商品を購入する方々が多いと思います。

 

決して心をなくさずに、繁盛させていきましょう!!

では、また!!

 

 

 

クリックしていただくと励みになります!!

よろしくお願いいたしますL(´ω`)」

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


             

コメントを残す